遺産分割した後に相続した不動産で将来の生活安定を考えたい!どのように遺産分割をしておけば良かったのかな?
京都市で遺産分割後の土地活用はどうすれば?
KAY不動産コンサルティング
不動産の 遺産分割 相談はお任せください 相談はお任せください

不動産の生前対策はお任せください!

京都市で不動産の遺産分割相談は相続実務士・公認不動産コンサルティングマスターの当社へお任せください!相続は不動産を活用した節税対策!納税資金の準備!相続後の安心できる生活を送るための土地活用など多岐にわたる課題が山積しています!どれから、どの順番で整理をすれば良いのかお悩みの方は、一度、ご相談ください!わかりやすいで資料で「問題のわかる化」、丁寧な調査報告書で「問題の見える化」をご提示するのが、相続実務士・公認不動産コンサルティングマスターの役割です!

将来の安定した生活を目指す!重要ポイント
Check!
生活にあった活用を考えてみませんか?
相続した土地を現状のまま、次世代に引き継ぐのも良いことです。ただし、老朽化し修繕費用がかさむ借家や大きくて持て余す実家、賃料収入の少ない不動産は負動産として次世代に引き継ぐことになりかねません
Point
1

老朽化した古家を売却

老朽化した古家を賃貸するにも修繕費用がないため、放置されているケースがあります。空き家のまま放置していますと建物の老朽化は著しく進行してしまいご近所さんからの苦情も考えられます。このような場合は思い切って売却し、その費用で他の不動産に買い替えることや他の不動産の修繕費用、自宅建替えなどに充当することができます。使用していない不動産ほど無駄遣いはありません。

また、不動産を相続した際に、相続税の申告期限の翌日以後3年を経過する日までに売却すると要件を満たせば譲渡所得税が節税になる特例があります。詳しくは税理士さん等にご相談ください

Point
2

大きな自宅を建替えて一部を収益として活用

持て余した大きな実家は、一部を減築や建て替えなどして、余った土地をガレージや、賃貸戸建、賃貸アパートして活用することもできます。将来的に遺産分割することを想定して分筆しておくことで不動産の遺産分割でもめごとを回避することもできます。

Point
3

遊休不動産を土地活用

複数の不動産があり特に収入の低い不動産をご所有されている場合、まとまった土地であれば賃貸アパートを建てることができますが、地域に見合った土地活用をしないと将来的な重荷になる場合があります。賃貸アパートの場合は将来的な賃料下落や入居率の低下を考えてアパート経営が成立するのかどうか?アパート建設費用が心配など場合、それ以外の土地活用を様々な角度からご提案させていただきます。

場合によっては不動産を売却し、都心の区分マンションを購入して賃貸活用する等もございます。

不動産の立地だけでなくお客様の経済状況等も鑑み、ご提案させていただくことをモットーとしております

お気軽にお電話でご連絡ください
075-432-8039 075-432-8039
受付時間:9:00~18:00
お気軽にお電話でご連絡ください
075-432-8039 075-432-8039
受付時間:9:00~18:00
Access

拠点を置く京都市で地域のお客様を中心に不動産問題の解決に努めております

概要

会社名 株式会社KAY不動産コンサルティング
住所 京都府京都市下京区
猪熊通綾小路下る瀬戸屋町303
電話番号 075-432-8039
営業時間 9:00~18:00
定休日 不定休

アクセス

地域に根差して不動産コンサルティングを行う専門会社として、京都市や近隣地域のお客様の、不動産に関わる安心をサポートできるよう努めております。これまで30年以上に亘って経験と実績を積み重ねており、初めてのお客様も安心してご相談いただけます。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事